知らなきゃ損!ナビダイヤルを使わずに郵便局(ゆうパック)の再配達を無料にする方法! 不在で荷物が受け取れなかったた時の郵便局の再配達の方法は不在票の指示のもとナビダイヤル(有料)に電話するか固定電話から(無料)に電話するもしくは直接郵便局で受け取る方法があります。今回はLINE(ライン)で超簡単にナビダイヤル(有料)を使わずに再配達依頼をする方法を紹介します。



郵便局の再配達の場合、ナビダイヤルだと携帯やスマホから電話をかけると22.5秒でおよそ10円の利用料金が掛かりますとアナウンスがあります。再配達の登録に結構時間がかかったりすると意外と料金が高かったりします。

(あくまでも記事作成時の情報です)

 

不在で郵便局の荷物が受け取れなかった場合

郵便局でゆうパック等留守で受け取れなかった場合不在連絡票が入っています、その場合郵便局に直接出向いて受け取るか再配達を依頼して再度配達してもらうかになります。

再配達を依頼する場合固定電話からなら無料の電話番号もあるのですが家に固定電話がない場合、スマホや携帯からだと0570から始まるナビダイヤル(有料)でしか再送依頼が出来ません(私の場合携帯会社の無料通話も適用されませんでした。もちろんお使いの携帯会社で自分のプランを確認するのが確実ですが適用されないケースが結構あると思います。)

しかし現在LINEでは、郵便局の再配達が可能になったので登録して再配達の際に利用すれば、(LINE(ライン)をWi-Fiのない状態で無料、定額で利用できれば)、料で再配達を依頼することが可能です。

郵便局のナビダイヤル

ナビダイヤルは個人や法人契約によって料金は一律ではないと思われますが郵便局の再配達で使う場合2021年現在今回電話をしてみたところ、コンピューターでアナウンスされる内容としては22.5秒ごとにおよそ10円(税抜)の通話料金が発生しますと言うアナウンスがされます。

22.5秒で10円として計算すると仮に5分かかったとすれば300秒÷ 22.5秒=なんと130円+税もかかってしまうとかなり高めの通話料金になってしまいます。(ちなみにガイダンスが流れている時から料金は発生すると思われるので操作を間違って再度入力し直したり、操作が遅ければ遅いほど料金が追加されていきます。)

 

ゆうパックご不在連絡票

 

直接郵便局に行く用事がある場合でも、この連絡票、印鑑(または署名)と免許証や保険証などの(本人確認)既定の証明書が必要です

LINEで再配達依頼

郵便局(ポスクマ)LINEで登録するか郵便局に電話しLINEで登録している電話番号にLINEを送ってもらうと、登録することができます。

ちなみに私はナビダイヤルが嫌だったので近くの郵便局に直接電話しようとしましたがこちらもナビダイヤルでしたしかし. LINEで直接できるので電話番号を入力してくださいとアナウンスが流れたので入力するとLINEの郵便局のページから上記のようなメールが来ました。

LINEから郵便局を検索して公式ページを友達登録することの方が簡単そうです。

再配達依頼

 

再配達の依頼は簡単で上記の再配達の申し込みをタップするだけです。指定された通り不在票にあるQRコードをLINEのカメラで撮るだけです。

上記の‥と横線の入ったの四角いマークを押すと文字を入力できる画面になります、また現在の画面に戻したい場合は同じ場所にある四角い横3本線のマークを押し荷物の追跡、再配達、集荷受付▼をタップすると上記の画面になります。

追跡番号のURL

 

このURLをLINEで写真を撮るだけでLINE上に反映されます。

日時指定

 

手続きが進むと再配達の日にちの指定が選択できるようになるので選択します、今回は当日を選択。

時間指定

次に時間を指定します当日の場合受付終了以外の時間帯を選択することが可能です。

 

初回の場合は電話番号を入力します。

初回利用時に電話番号を登録するを選択すると次回以降は登録された電話番号で簡単に再配達依頼ができるようになります。

最後に内容確認して問題なければはいを選択すればこれで完了です。

LINE 郵便局「ぽすくま」参照

まとめ

知らなきゃ損!ナビダイヤルを無料でゆうパックの再配達をする方法!

今回はLINEで郵便局の再配達を申し込みしてみましたが所要時間は3分位と操作に慣れれば1、 2分で完了する簡単な再配達依頼を試してみました。

今まではナビダイヤルで再配達を依頼しておそらく数十円から数百円の通話料金が発生したところ、LINEで再配達を依頼することで普段LINEでパケット料金がかからない環境なら、無料で利用することができます。

私も結構利用するのがネットで楽天送料無料100円とかAmazon100円商品とかで期間限定ポイント消費によく使います。

お試し送料無料の100円
の商品を買って再配達のナビダイヤルで100円以上通話料金を支払うなんて笑い話ですもんね(笑)

もちろん郵便物はできるだけ不在にならないように受け取るのがベストですが、贈り物や時間指定できない場合は受け取ることが出来ない場合もありますよね、もし受け取れなかった場合はLINEを利用するとお得に簡単に再配達依頼を出すことができるので興味があれば一度試してみてください。



おすすめの記事