今回は三宮のらーめんの締めとしては最高の【究極の中華そば】を提供される太郎と花子に行ってきました、まさに究極の中華そばという名に恥じないコスパ抜群の飲んだ後には最強の醤油ラーメン飲めるスープが絶品!!

スポンサーリンク

 

営業時間は午後6時から翌5時ラストオーダーと幅広い利用が出来ます、もちろん飲んだ後に〆の一杯としていただくこともできますし、たくさんの中華料理があるので朝まで飲みながらラストを中華そばで絞めることもできます。

(公式インスタグラムでの情報です、あくまでも記事掲載時の情報ですので詳しくは店舗でご確認ください。)

店内

お店に入るとカウンター席9席とテーブル席が3とテーブル席は結構ゆったり座れるイメージです、店内の雰囲気も中華料理というよりは和食の居酒屋さんのイメージですね、朝まで食堂というネーミングからも気軽に入れる感じでメニューも豊富。

メニュー

本格的な中華料理のメニューです、これはらーめん以外でも一度伺いたいです。

中華そば

今回は究極の中華そばというのがお目当てなので迷いなく注文、注文から10分程度で着丼です。

 

平日:午後6時~翌午前5時
日、祝:午後6時~翌午前1時

日曜営業 定休日 月曜日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

中華そば

チャーシュー、味付け卵、もやし、ナルトと入って700円は破格の料金ですね。コスパ良すぎます!!

スープ

鶏ガラのすっきりした透明なスープですが、コクもしっかりあり旨味が凝縮されています、普通の中華そばというより和風テイストな要素が入っている気がします。

極細麺でストレートあっさりスープもしっかり吸収意外とボリュームもあり〆のらーめんだと結構お腹いっぱいになります。

チャーシュー

厚みのある脂身は少々多めの豚バラチャーシューがシンプルな中華そばにベストマッチ!2枚も入っているのもコスパいいですしあてにもなります、お酒と一緒にラーメンを注文されている方が多いのも納得

 

味付け卵

デフォで味付け卵まで付いているのもありがたい、こちらもしっかり味付けであっさり中華そばによく合います。

 

ナルト

らーめんの器も懐かしい感じですが、やはり中華そばといえばナルトがあると雰囲気が出ますね。

 

もやし

こちらもシャキシャキ食感が必要不可欠な存在ですが最近はトッピングだったり別料金のお店もありますが普通にたっぷり入っています。

メンマ

 

細くて軽い感じのメンマでちゅるっとした食感でスープとの相性もいいですね。

まとめ

夕方から朝方まで空いているラーメンが食べれるお店もさほど多くありませんが、最強の〆のらーめんとして新しくオープンされた朝まで食堂太郎と花子というネーミングもいいですが、こちらの究極の中華そばは一度食べる価値ありです。

他にも沢山メニューが豊富なので是非再訪してみたいと思います。
スポンサーリンク

おすすめの記事