【やっと食べた神戸で一番入手困難な食パンが衝撃の旨さ!】ぱんのき

 

ぱんのき

神戸市中央区にあるパン屋さんで食パンだけの販売ですが朝の7時半オープンすぐ売り切れるパンで入手困難な幻の食パンと呼ばれるほど人気です。

ぱんのきはオーナさんが一人で切り盛りされているようで並んでいる人からの注文やレジまで一人でこなされていますパンを作る作業も一人?かどうかはわかりませんが一日にさばける量には限りがあります。

朝7時半オープンですが当然この時間に行っても変える可能性は低いです、当日どのくらいの量なのかもわからないので確実に買えるとは限りませんが朝6時ちょうどだと私の場合は購入する事が出来ました。

購入できるのは一人8斤までです(あくまでも現時点の情報です。)保存料などは使われていないようなので多めにに買ってすぐに食べないなら冷凍保存する方がよさそうです。

 

食パンを手に入れるには?

食パンを購入するには二つの方法があります、電話予約と直接お店に並ぶことです。

電話予約は現時点では土曜日の朝8時半から電話予約が出来るそうでですが私も知り合いも何度も電話しましたがつながることなく予約時間終了。

電話は私には合わないように感じたので土曜日の朝6時ちょうどに並ぶことで購入する事が出来ました。

平日だともう少しハードルは下がるのか?土曜日は多めに焼くようなのでこちらの方がいいのかタイミング次第で変わりそうですね。

前に並んでいる人が大量に買うと購入できる可能性が低くなりますので運もありそうです。

ぱんのきの食パン

ぱんのきの食パンは小ぶりですがずっしりと重みを感じることのできるパンで普段食べている食パンとは違い期待が膨らみます。

1斤300円で1本600円です、料金的にもお手頃価格なのでどうせ並ぶならプレゼントにも自分用にも多く買ってしまうのも仕方ありません。

 

そのまま食べる

一口食べると衝撃のモチモチ感で口いっぱいに自然の甘みが広がります。

小麦の香りもしっかり感じられ並んででも食べたいのがわかります、もちろん好みもあるとは思いますが個人的には神戸で一番好きな食パンです。

焼いて食べる

焼いて食べるとサクッとした食感とふんわりもちっとした味わいでバターでもジャムでもよく合います。

まとめ

【神戸で一番入手困難!幻の食パンが衝撃の旨さで半端無い】ぱんのき

土曜日の電話予約による一週間分の予約分のパンと毎日の店舗販売の食パンと一日に作られるパンには限りがあり平日だと店舗販売要は数十食分ではないかと感じます。

土曜日は少し平日より多いようですがそれでも競争率は高いので近くに住んでいる人以外は(駐車場も近くにはないので車で行って長時間並ぶのも大変)手に入れるのは結構ハードルが高く私の知り合いは朝4時半に起きて準備万端で電車に乗り7時前に並んで目の前で売り切れたという話を聞きました(;'∀')

電話予約も難しい、朝いちばんにお店に行ける距離に住んでいる等がなければ、かなりハードルが高くまさに神戸で一番入手困難な幻の食パンと言われているのも納得の美味しいパンです。

 

 

 

おすすめの記事