コロナウイルスですき家でも一部の店舗で営業時間短縮や牛丼のみの販売になるかも!?

2020年中国で発生した新型コロナウイスの影響は広範囲に広がり続けています、すき家でも2020年3月2日以降一部の店舗で牛丼のみの販売や営業短縮又は休業になるかも!?

公立の学校の休校にとどまらず飲食業界にも影響しています、その中で素早く従業員の安全と働き方に考量したすき家の対応は素晴らしく早い対応です。

共働きやその他の子供がいる家庭にも無理なく仕事が出来る対応が出来るのか注目です。

スポンサーリンク

 

 

新型コロナウイルス

中国で発生した新型コロナウイルス“SARSCoV2”が原因とされている病気のことです。WHOは、このウイルスによる肺炎などの症状全般を“COVID-19 ”と名付けました。

日本でも感染が広がりつつあり政府が感染防止のため公立の学校の休校を要請したものです。(決定は各自治体にゆだねられるそうですが)実際私の子供の学校も春休み明けまで休校が決まりました、子供たちもさることながら親も子供が休みなら対応しないといけません。

今回早急にすき家が公式ホームページで従業員一同が無理なく働けるするように対策を取ったと説明がありました。

 

内容は店舗通知

もちろん地域や様々な条件によって販売方法や対応が異なると思います、全国展開しているお店なので各店舗で対応の確認が必要です。

郊外店舗や駅前店舗など条件により対応が異なる場合もありそうですね。

(正確には利用する各店舗で確認する方が確実です。)

 

まとめ

コロナウイルスですき家の一部の店舗で営業時間短縮や牛丼のみの販売になるかも!?2020年2月28日段階では外食チェーン、牛丼チェーンとしては最速のコロナウイルス対策で従業員やすき家で働く人にとっては朗報ですし他の飲食業界にもインパクトがあります。
もちろん、新商品の提供があるのか?どの店舗が時間短縮営業になるのか・休業か!?と思うところもあるでしょうが、今回は早い段階での対応の発表は従業員もお客も対応できます。
(公式ホームページでは具体的店舗やその内容については店舗告知でお知らせしますとあるので各店舗で確認するしか確実な方法はありません。)
現在のところ他の大手外食チェーンでは時間短縮や休業などの対応は少ないと思いますので思い切った対応ですが影響が長く続くと困りますので一刻も早くコロナウイルスの影響がなくなってほしいものです。
こういった最速の従業員目線での対応は素早いですね。
スポンサーリンク
おすすめの記事