【大阪福島の名店の味が自宅で食べれる!烈志笑魚油 麺香房 三く】

スポンサーリンク

烈志笑魚油 麺香房 三くのラーメンがレトルトで発売されたので早速食べてみました。

しっかりと煮干しの旨味とキレのある醤油のパンチ力もありながらも後味すっきりの完成度の高いラーメンです。

 

烈志笑魚油 麺香房三く

 

烈志笑魚油 麺香房 三くはラーメン激戦区大阪福島で人気のお店で一度は行ってみたいお店。

ラーメンだけではなく福島はグルメ激戦区と言われる場所でレベルの高い美味しくてお手軽なグルメがたくさんあります。

その福島の中でもラーメンと言えば三くは外せない有名店です。

材料

袋を開けると麺とスープ具材等が入ってないので必要なら自分で用意する必要があります。

かけラーメンというネーミングなのですがお店では具材も入っているので今回はトッピングして作って見ました。

 

スープ

魚介の香りがふんわりと柔らかに感じます、醤油ベースのスープはしっかりとしながらもキレのあるスキッとしたスープ。

麺は札幌発西山製麺の熟成麺で通常のレトルトの麺とは一味違うこだわりの麺です。

極細麺は縮れ麺で1分半でプチット歯で噛むと弾力しっかりでスープとの相性がめちゃくちゃ良い!

 

角煮

 

今回はチャーシューではなくあえてラーメン専用の豚角煮を入れてみました。

角煮はほろほろと柔らかく美味しいのですが甘さが際立ってしまいました。

このスープには普通のチャーシューの方がいいかもしれません。

 

煮干し

何となくこれが無いと三くのラーメンと言えないような気がしてパッケージと同じように入れてみました。

スープにつけると若干柔らかくなりますが硬くてもこれはこれでいけます、軽く焼いて入れたほうが食べやすいかもしれません。

メンマ

今回大き目の太いメンマで頂きましたがシンプルなスープだけに食べ応えのあるメンマがよく合いました。

ほうれん草

 

お店でもかけラーメンに入っているほうれん草はスープとの相性抜群です!

味玉

自家製のしっかりめの味付け半熟玉子をトッピングしていただきました、スープがすっきりキレのあるタイプなので薄味の味玉の方が合うような気がします。

まとめ

【大阪福島の名店の味が自宅で食べれる!烈志笑魚油 麺香房 三く】

今回は大阪の福島の名店烈志笑魚油 麺香房 三くのレトルトラーメンを頂いて見ました。

かけラーメンと言うネーミングですがお店ではしっかりと具材が入っています、今回のラーメンのパッケージにも具材が掲載されているので参考に盛り付けをしていただいてみました。

スープはもちろんなんといっても麺のこだわりが凄くレベルの高い麺で醤油らーめんや煮干し系が好きな人にはたまらない味わいに仕上がっているように感じます。

近くで見かけたなら一度試してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

 

 

おすすめの記事