【食べログ口コミ投稿方法初心者でも5分でわかる5つのポイント】

スポンサーリンク

食べログ

食べログと言えばテレビCMでも同じみのサイトで使った事がある方も多いかも知れません。

普段スマホで飲酒店を検索したら高い確率で上位表示されるので知らずに使っている人もいるでしょう。

ほとんどの人が食事のお店を探すのに使う人がほとんどだと思いますが口コミ(レビュー)の機能もあります。

意外と使うと面白い機能なのですがあまり知られていない機能もたくさんあります、公開しないで使う方法もあるので日記替わりや写真のバックアップとしても使えます。

 

食べログレビューとは?

食べログの口コミ(レビュー)とは行ったお店の総合、味、サービス、雰囲気、コスパ等を総合評価するサービスです。

自分の行ったお店のメモとして使う人や、たくさんの店に行って感想を他の人に読んでもらうために利用する人もいます。

ケーキだけやラーメンだけスイーツだけといったようにインスタグラムのように特化型の口コミをしている人もいます。

評価点も自分の基準なので自分のつけたいようにつければいいと思いますが誹謗中傷などや食べログの基準に違反した口コミは削除される可能性があります。

 

お店に行く

口コミを書くにはお店に行くことが前提です。他のSNSの様に行ってみたいとか、誰かの写真を借りて口コミを書くことはNGです。

(お土産でいただいた物などをレビューしている方はいます)

個人的には自分で支払いをしたお店での食事もしくはパン屋さんで購入したパンなどのレビューをしています。

子供が親と言ったときのレビューをしていたりカップルで行って相手にご馳走してもらったりあるので誰が支払ったかはあまり関係ないのかもしれません。

(食べログの規約やルールなどは変更の可能性もあるので詳しくは公式でご確認ください。)

食事をする

以前はお店に行って食べる事が主流でしたがテイクアウトやデリバリーサービスが個人店でも充実した現在は様々な食事の方法があります。

お店で食べるもよし、お弁当でもテイクアウトでも自分のスタイルに合わせた食事で口コミを書きましょう。

 

ステップ①写真

お店の写真を撮る

お店の入り口や外観などは結構重要です。

特にわかりにくい場所などは他の人の写真を見てお店を確認する事が多いので必要です。

たくさん写真が溜まってくると結構目当ての料理なら写真を探すのが大変だったりします。

お店の写真があればまとめて口コミを書く場合やブログで使う場合にもどのお店の料理か日付順に並べた時に分かりやすいと言う利点もあります。

 

食事の写真を撮る

お店によっては写真NGのお店もあるので定員さんに聞く方が無難ですが聞きにくい場合は写真お断りの貼り紙がないか?周りで撮っている人がいるならOKか?などで確認する方法もあります。

基本的に定員さんや他のお客さんは撮らない方がトラブルを避けられると思いますがあなたが有名人ならお店やお客さんからお願いされるかもしれないので一概には言えませんがお勧めはしません。

(もしたまたま映り込んでしまった場合はアプリで簡単にモザイク処理ができるので個人を判別できないようにして投稿しています。)

メニューなど

メニューの情報などまだ新しい店で食べログに乗っていない場合はとても役に立ちます。

個人的にはラーメン屋さんが多いのでメニューのほかに無料の調味料や券売機など一目でどんなメニューがあるのかわかりやすい情報を載せるようにしています。

 

②メモを取る

簡単なメモを記録しておく

その日のうちに口コミを書くことができれば良いのですが忙しくて後回しになってしまうと結構いろんなことを忘れるので簡単なメモを取っておくと便利です。

食べログにもメモ機能がありますがお店に行ったのページから本文のところに直接下書きをしておくと便利です。

特に食べたものの味の感想は時間が経過すると忘れてしまいがちなので簡単な感想だけでもメモをしておくことをおすすめします。

 

③★で評価する

お店で食べた各項目の評価をする

食べログでは星の数で評価をします、5点満点なのです。

  • 総合  ☆☆☆☆☆
  • 味   ☆☆☆☆☆
  • サービス☆☆☆☆☆
  • 雰囲気 ☆☆☆☆☆
  • コスパ ☆☆☆☆☆

総合評価だけに星をつける簡単な方法もありますがそれぞれに⭐︎をつけることで自分の評価もしやすくなります。

はじめに自分の評価の平均点を決めておくと☆をつけやすくなります。

④口コミ、レビューを書く

食べた食事の感想などを書く

食べた食事の感想は簡単でも良いのですが一定の文字数と口コミ件数等がないとお店の口コミ欄に表示がされません。

現在は100文字以下だと反映されないようですが以前はもっと文字数がないとダメだったので簡単に投稿できるようになりました。

 

⑤写真とタイトルを決めて投稿!

タイトルを決める

ブログでもタイトルは何より重要と思っています、まず読んでもらわないと意味がありません。

とにかくお店や商品の良さをストレートに伝えるようなインパクトのあるようなタイトルが読まれる傾向にあります、逆に悪い評価も読まれるかもしれませんが食べログに限らずインスタやファイスブック、Twitterなどもお店を誹謗中傷する内容になっては最悪業務妨害などでペナルティを受ける可能性もあるのでお勧めできません。

 

 

写真を貼る

写真を食べログに保存するには下書きの状態なら写真を追加のボタンを押して追加します。

追加したときに写真ごとにタイトルをつける事が出来るので料理名などつける方が分かりやすいですが私は写真が結構多いので現在使われておりません(;'∀')

もちろんつけた方がいいと思いますのでつけると写真にもいいねが付きやすくなります。

 

レビューが反映されない?

口コミを投稿しても口コミ(レビュー)がお店のページに反映されない?と初めて投稿したときは何か自分の不手際かと思いましたが規約を見るとしっかり記載されています。

  • 本文が100文字以下(現在の場合)
  • 訪問月が登録ない場合
  • 昼、夜、テイクアウト、デリバリーなど選択項目が選択されていない場合
  • 一定数の口コミがない
  • 一定期間口コミがないと表示されない

私の場合もはじめはすぐに反映されませんでしたが投稿5~10くらいで初めて反映された記憶があります。確か始めたころは400文字以上だったな記憶が(間違いかも)あるのですが。

現在はフォロワー様1270名(SNSと比べるとフォロー対象がほとんどレビュアーなのでなかなか大変)とありがたいことにイイネもたくさんいただけているのですが食べログはブログと並行して無理のない程度でマイペースで書いています。

口コミを上位表示するには

お店のトップページに口コミを表示させるのはある程度レビューを重ねてレビュアーとしての評価を上げていくと表示されます。

上位表示されても有名なレビュアーが口コミを書いたり日付が古くなってくると表示はだんだんと後ろのほうになります。

お店のトップページなどは極端に低い評価は出ないようになっています、評価☆1とか☆2は上位表示では見たことがありません。

私も始めたころはまだまだこれから美味しいお店と出会えるはず!と平均点を☆2.5に設定していましたが現在は後悔しています、途中で自分の口に合わないお店は載せないことにしたからです。

体調がいまいちな時や自分の好みではない場合は書くのも大変ですし労力を使うのはもったいないので美味しいお店だけを書くことにするとレビューを書くのがさらに楽しくなりました。

平均点を☆3にしてから上位表示されることも多くなった気がします。

 

 

 

まとめ

食べログで口コミ(レビュー)をするのは続けていくうちにたまに感想を頂いたりするとうれしいです。

もちろん自分の口に合わないお店もあるのですが人の味覚は人によって全く違い夫婦でも子供たちとでも全く違う感想になることもあります。

昔美味しかったこってりラーメンが今はサッパリの方が美味しいか感じたり、年齢や体の調子によっても変わってくる事もあります。

後から自分が読んでもう一度行きたいなと思える文章だと共感してくれる人もおおかもしれません。
スポンサーリンク

 

 

 

おすすめの記事