スポンサーリンク

丸亀製麺の期間限定商品で大好評の辛坦々うどんに今年も追い辛が出来る商品が登場しました!こちらの商品は好みに合わせて辛さを追加していくことができるのですが、1辛~最大100辛Maxと100段階と驚きの選択肢で今年はさらにパワーアップしているとの情報!!せっかくなので最強の辛さマックス100辛に去年からどうしてもやりたかったきつねあげをトッピングあーかいきつね♪とうま辛坦々うどん♪のコラボを実食してきました!!

注文方法

通常のうどんの注文は入り口の列に並びトレイを取りうどんをゆでる場所でお好みのうどんを注文するのですが、この丸亀製麺の裏メニューであるうま辛坦々うどんの追い辛は公式情報によると50辛とうま辛Maxはうま辛Max特設サイトにて無料発券できるデジタルチケットを持参の方のみ可能とあります。正確には20辛以上の追い辛の場合は発券が必要です。

発券方法

丸亀製麺の公式ホームページからデジタルチケットが発券できます、前回は1辛づつ連打して辛さを調整することが出来ましたが進化して1辛・10辛・Maxとスマホなら数字をドロップの位置に移動することで数字が増えていきます。例えば35辛が欲しければ10辛を三回1辛を5回ドロップの位置にドラッグすることで可能です。(実際私もはじめはわからず10を連打していました(笑))

料金

うま辛坦々うどん 並650円 大 750円 特 850円 この基本料金にプラスで辛さをプラスすることが出来る。

1辛~5辛までは+30円 10辛で+100円 20辛で+200円 50辛で+500円 うま辛Maxで+1000円となります。

(細かな料金については店舗でお問い合わせください。)

注意事項

追い辛には料金がかかるとともに注意事項がありますので理解して同意してからデジタルチケットを発券しましょう。

辛味の感じ方には個人差があります、体調が悪かったり、辛い物が苦手な方、小さいお子様はご遠慮ください。途中で気分が悪くなったら直ちに食べるのをやめてください。
お召し上がりの際はお客様ご自身んで判断していただき、その後の体調不良に関する責任は一切負いません

 

この事項に同意しないとデジタルチケットは発券できませんので、自己責任ということで私はMaxのデジタルチケットを発券!!

注文

うどんを注文する場所でデジタルチケットを見せてうま辛坦々うどんMaxと注文すると、厨房がどよめきあわただしく動き出しました(笑)

通常のメニューよりもかなり手間がかかる用で後でお持ちしますので先にお支払いをおねがいしますといわれレジ前で待機、レジの女性にうま辛坦々うどんMaxと伝えると、いいんですか?1000円プラスですよ!とダメ出しをされました

(笑)確かにうま辛坦々うどん650円Maxで+1000円と他のメニューから見てもぶっちぎりに高額ですがどうせならMaxを食べてみたい!! 因みに単品トッピングできつねあげ140円も注文したので合計1790円です!!

 

うま辛坦々うどんMax

注文してからやはり想定外の注文だったようでかなり時間がかかり10分程度かかりました。私の注文の後に行列ができ、すみませんレジ横でお待ちくださいと言われ10人ほどに先を越されました(笑)

前回の100辛と違いラー油の辛さだけではなく、特製辛みペースト、香味ラー油、カイエンペッパー、花椒粉が加わり見た目にも色鮮やかな仕上がりになっています。

スープ

 

スープ自体は複雑な辛みが交じり合いとても美味しいと思いますが、Maxにするかどうかと言えば無理しない程度に好みの辛さで食べるほうがいいでしょう。正直私個人的には50辛前後までが、美味しく食べるのにはいいのかなと感じました。(個人差があるので無理はしないようにしましょう。)

 

腰のあるもちもち食感でうま辛旦うどんのスープをがっつりつかみます正直辛さ的には後半結構汗だく状態に!

ここで登場するのが去年からどうしてもこのうどんとコラボしたかったきつねあげ単品!!

どうしてもこのきつねあげが欲しくて激辛のMax後半でinしました!

まさに赤いきつね♪これが奇跡的にうま辛坦々うどんMaxに合います!!甘じょっぱいきつねあげが激辛スープの箸休めになり甘いけど辛いと最強コンビ!!(辛さのみを求める方には合いませんが)

完食

結構な辛さで唇はびりびり痺れてきましたが、辛さだけではなく坦々うどんのうま味がまろやかになったスープで美味しく完食させていただきました!!

まとめ

大好評のうま辛旦うどんに追い辛、1辛から100辛Maxまで選択できるのは楽しい、辛さの基準や感じ方は人それぞれ、個人的には今回のうま辛うどんMaxもすごく辛く感じましたがそこまで激辛が食べれるわけでもない私が完食できたということはそこそこ辛い物が食べれる人ならいけるかも(と言っても自己責任の同意がいるのでよほど激辛に自信がない限り100辛はお勧めしません。)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

おすすめの記事